優勝力士一覧

優勝力士一覧

2010年(平成22年)以降の本場所の優勝力士の一覧です。

場所 地位 四股名 成績 回数 備考
2010年(平成22年)
1月 西横綱 朝青龍 13勝2敗 25 次点は12勝3敗の白鵬と把瑠都と豊響。朝青龍最後の優勝となり場所後に引退。
3月 東横綱 白鵬 15戦全勝 13 次点は14勝1敗の把瑠都。
5月 東横綱 白鵬 15戦全勝 14 次点は12勝3敗の阿覧。
7月 東横綱 白鵬 15戦全勝 15 15日制初の3場所連続全勝優勝。次点は11勝4敗の阿覧と鶴竜と豊真将。当場所は野球賭博問題の影響で天皇賜杯および外部からの表彰をすべて辞退、NHKも中継を取り止め。
9月 東横綱 白鵬 15戦全勝 16 15日制初の4場所連続全勝優勝。次点は12勝3敗の豪風。
11月 東横綱 白鵬 14勝1敗 17 豊ノ島との優勝決定戦を制す。本割では白鵬と豊ノ島の対戦は無し。白鵬は2日目に稀勢の里に破れ連勝記録が63で止まる。
2011(平成23年)
1月 東横綱 白鵬 14勝1敗 18 次点は11勝4敗の琴奨菊と豪栄道と隠岐の海。
3月 開催中止。
5月 東横綱 白鵬 13勝2敗 19 朝青龍と並ぶ7連覇達成。次点は12勝3敗の鶴竜と栃ノ心。八百長問題の影響で5月技量審査場所として開催。
7月 西大関 日馬富士 14勝1敗 2 14日目に1差で追う白鵬を下し2年ぶりの優勝。朝青龍引退後に優勝を続けてきた白鵬は史上初の8連覇を逃す。次点は12勝3敗の白鵬。
9月 東横綱 白鵬 13勝2敗 20 次点は12勝3敗の琴奨菊と稀勢の里。
11月 東横綱 白鵬 14勝1敗 21 次点は12勝3敗の若荒雄。
2012年(平成24年)
1月 東大関 把瑠都 14勝1敗 エストニア出身力士初の優勝。次点は12勝3敗の白鵬と臥牙丸。
3月 東横綱 白鵬 13勝2敗 22 関脇鶴竜との優勝決定戦を制す。
5月 西前7 旭天鵬 12勝3敗 栃煌山(東前4)との史上初の平幕力士同士の優勝決定戦を制す。昭和以降最年長での優勝。旭天鵬はモンゴル出身だが日本に帰化しているため2006年1月場所の栃東以来の日本国籍力士の優勝。白鵬は10勝5敗に終わり優勝次点以上が27場所、及び連続12勝以上が22場所でそれぞれ途切れた。
7月 西大関2 日馬富士 15戦全勝 3 白鵬との千秋楽結びの一番全勝同士の相星決戦を制す。楽日全勝決戦は1983年9月場所以来。
9月 東大関 日馬富士 15戦全勝 4 1差で追う白鵬との千秋楽結びの一番を制す。大関では双葉山、貴乃花に次ぐ3人目の2場所連続全勝優勝で、場所後に横綱昇進。
11月 東横綱 白鵬 14勝1敗 23 次点は11勝4敗の豪栄道と豊ノ島。
2013年(平成25年)
1月 西横綱 日馬富士 15戦全勝 5 次点は12勝3敗の白鵬と高安。
3月 西横綱 白鵬 15戦全勝 24 史上最多となる9回目の全勝優勝。次点は11勝4敗の隠岐の海と宝富士。
5月 東横綱 白鵬 15戦全勝 25 2場所連続かつ最多記録を更新する10回目の全勝優勝。1909年6月以降、通算100回目の全勝優勝。次点は13勝2敗の稀勢の里。
7月 東横綱 白鵬 13勝2敗 26 次点は11勝4敗の稀勢の里と魁聖。白鵬の13日目優勝決定は史上最多の5回目。翌14日目に稀勢の里に敗れ連勝が43で止まる。
9月 東横綱 白鵬 14勝1敗 27 次点は11勝4敗の稀勢の里と豪栄道。
11月 西横綱 日馬富士 14勝1敗 6 白鵬との千秋楽結びの一番1敗同士の相星決戦を制す。次点は13勝2敗の白鵬と稀勢の里。
2014年(平成26年)
1月 西横綱 白鵬 14勝1敗 28 千秋楽結びの一番白鵬全勝、鶴竜1敗で対戦し鶴竜勝利。鶴竜との優勝決定戦を制す。
3月 東大関 鶴竜 14勝1敗 次点は12勝3敗の白鵬と日馬富士と豪栄道。1909年6月以降、通算100人目の優勝経験力士。
5月 東横綱 白鵬 14勝1敗 29 次点は13勝2敗の稀勢の里。
7月 東横綱 白鵬 13勝2敗 30 次点は12勝3敗の琴奨菊と豪栄道。
9月 東横綱 白鵬 14勝1敗 31 次点は13勝2敗の逸ノ城。
11月 東横綱 白鵬 14勝1敗 32 次点は12勝3敗の鶴竜。
2015年(平成27年)
1月 東横綱 白鵬 15戦全勝 33 史上初、全6場所全勝優勝。次点は11勝4敗の日馬富士と稀勢の里、徳勝龍。
3月 東横綱 白鵬 14勝1敗 34 次点は13勝2敗の照ノ富士。
5月 東関脇 照ノ富士 12勝3敗 1 次点は11勝4敗の白鵬、日馬富士、稀勢の里。場所後大関昇進。
7月 東横綱 白鵬 14勝1敗 35 次点は12勝3敗の鶴竜。
9月 西横綱 鶴竜 12勝3敗 2 照ノ富士との優勝決定戦を制す。白鵬は3日目から休場し連続2桁勝利が51場所で途切れる。
11月 西横綱 日馬富士 13勝2敗 7 次点は12勝3敗の白鵬、勢、松鳳山。
2016年(平成28年)
1月 東大関2 琴奨菊 14勝1敗 1 2006年1月場所の栃東以来10年ぶりの日本出身力士の優勝。次点は12勝3敗の日馬富士、白鵬、豊ノ島。
3月 西横綱 白鵬 14勝1敗 36 次点は13勝2敗の稀勢の里。
5月 東横綱 白鵬 15勝全勝 37 次点は13勝2敗の稀勢の里。
7月 東横綱2 日馬富士 13勝2敗 8 次点は12勝3敗の稀勢の里、貴ノ岩。
9月 東大関2 豪栄道 15勝全勝 1 史上初、カド番からの全勝優勝。日本出身力士の全勝優勝は1996年9月場所の貴乃花以来20年ぶり。白鵬は横綱昇進後初の全休。次点は13勝2敗の遠藤。
11月 西横綱 鶴竜 14勝1敗 3 次点は12勝3敗の稀勢の里。
2017年(平成29年)
1月 東大関 稀勢の里 14勝1敗 1 次点は12勝3敗の蒼国来。大関昇進後31場所での初優勝は琴奨菊の26場所を上回り、歴代1位のスロー記録。場所後に横綱昇進。
3月 西横綱2 稀勢の里 13勝2敗 2 新横綱。千秋楽、照ノ富士1敗、稀勢の里2敗で対戦し稀勢の里勝利。照ノ富士との優勝決定戦を制す。
5月 西横綱2 白鵬 15戦全勝 38 次点は12勝3敗の照ノ富士、栃ノ心。
7月 東横綱 白鵬 14勝1敗 39 次点は13勝2敗の碧山。
  • Wikipediaのデータを引用、参考に作成しました。
  • データは、2017年7月23日現在のものです。
2017年08月10日
Top